2006.10.07 (Sat)

天保異聞 妖奇士 説一「妖夷、来たる」

湯屋にて
正直、男の人の裸ばっかり見せられてもなぁなんて思い(; ̄ー ̄A
往壓はわざと入れ墨を見せ、追われることに。

江戸元閥
女装なんですよねーでも綺麗。奇士の面々では一番気になるかも(笑)

いつぞやの親子(たえと央太)
央太は何かを探して、しきりに土を掘っています。

妖夷があらわれる!
なにやら光が。往壓が特殊な力を持っているようですね。
妖夷がさらに二匹あらわれる!!

おもしろくなりそうなのは、まだまだこれからかな?と今回のを見て、ひとまず思いました。
でも当初、予想してたよりは見れそうな感じです。
23:14  |  アニメ  |  TB(10)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

いただいたTBにはお返しするようにしているのですが、
一部反映されないブログ(楽天ブログとアメブロが特に反映されないようです)があります。
その時は、申し訳ありません。

→http://norarikuraridiary.blog65.fc2.com/tb.php/248-51713a9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

★天保異聞 妖奇士 説一『妖夷、来たる』

普通に見れそうな気がしてしまったのは気のせいか?と。若本声での「塵芥」のみでリヴァを想起してしまう自分は病気・・・塵芥と化せ!はコンラッド艇長(若本さん)じゃなくてインパルス艦長(辻さん?)のはずなのに・・・(誰も知らん感想終わり(ぇ!?
2006/10/08(日) 07:41:12 | 木下クラブlog

★天保異聞妖奇士

本日、結婚記念日につき外でウロウロしてきて先ほど帰り着いたんですが録画しといた『妖奇士』を、二人仲良く視聴いたしました。
2006/10/08(日) 09:51:14 | 日々是「紫」

★(新)天保異聞 妖奇士 説一「妖夷、来たる」

もうちょっと戦闘シーンが見たかったなぁ。
2006/10/08(日) 11:52:02 | こころに いつも しばいぬ

★妖夷、来たる

竜導往壓 : 藤原啓治小笠原放三郎 : 川島得愛江戸元閥 : 三木眞一郎 宰蔵 : 新野美知アビ : 小山力也アトル : 折笠富美子雲七 : うえだゆうじ鳥居耀蔵 : 若本規夫阿部良粥 : 土師孝也 阿部正弘 : 浜田賢二たえ : 久川....
2006/10/08(日) 13:08:26 | tune the rainbow

★天保異聞 妖奇士 #1

『妖夷、来たる』
2006/10/08(日) 14:19:45 | マニアックにあこがれて

★天保異聞 妖奇士 第1話

説一『妖夷、来たる』ユキ・・・というと何だか可愛らしい女性のようですが・・・往壓は湯屋で働く青年。湯屋! といえば勿論 裸! と単純な発想でスミマセン。。。でも、あっちにも裸!そっちにも裸!見渡す限り裸!裸!裸!でもどうして・・・おじさんばかりな
2006/10/08(日) 15:14:19 | 孤狼Nachtwanderung

★天保異聞 妖奇士 第1話感想。

第1話「妖夷、来たる 」やっと・・見れました!!1話を見て・・まだ何とも言えない状態です・・。話が分かるようになったら・詳しく書きたいと思います。ちょっとだけ本編です・・。天保十四年、江戸。妖夷という異界から出現する獣を倒す為に「蛮社改所」と呼ばれる組織
2006/10/08(日) 19:00:08 | あつあつアニメ感想日記

★天保異聞妖奇士 説一~あなた方は服を着て下さい~

毎度御馴染み土六の時間に、 必要以上に瞳輝くヒーロー現る!(笑) ・・というわけでアヤシの説一を見ました。ストーリーは今後に期待できそうだし(異界の謎とか、悪役の存在とか、メイン5人の活躍とか・・)漢字で戦うというのも斬新でいいと思います。 何といっても
2006/10/08(日) 19:06:36 | ズッコケギャンブラーのドサ回り奮闘記

★(アニメ感想) 天保異聞 妖奇士 第1話 「妖夷、来たる」

Winding Road/ポルノグラフィティ時は天保十四年。江戸の地下に人知れず存在する神社、「蛮社改所」。江戸の街にうごめく「妖夷」を討ち取ることを任務とした者達がそこにいました。妖夷と戦うための特別な力を持った彼らのコードネームは「奇士」・・・。
2006/10/08(日) 22:23:14 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

★説一『妖夷、来たる』

妖奇士の第1話『妖夷、来たる』に関する記事を書いたらトラックバックしてください。 天保十四年、江戸。陸奥から南下しているという妖夷の存在を調べるため、「蛮社改所」の奇士たちが暗躍する。その頃、湯屋で湯汲みをしていた竜導往壓は陸奥から流れてきた農民の親子に
2006/10/09(月) 21:34:04 | 天保異聞 妖奇士トラックバックセンター

▲PageTop

 | HOME |