2006.12.02 (Sat)

妄想お泊りバトン

はちみつ水。のかれんさんが回してくださいました☆

かれんさんのを読ませていただいている時からテンションが上がり、
そして自分の名前を見つけ、これまた上昇(笑)
指定は『柚木』と、分かっていらっしゃるvv本気で嬉しい(*´ェ`*)

本当にありがとうございますー(*´∇`*)
そして、回答が遅くなってしまってすみませんでしたっ。

では妄想の旅へー。

【More・・・】

■質問■
★旅館に一人旅に来たあなた。ところが宿の手違いで『柚木』と同室に!なんて話そう?

「せっかくなのに…すみませんっ…!」
「君が謝ることじゃないよ。宿の手違いなんだから」
「でも、私なんかと同室じゃ…」
「私なんかじゃないよ。君と同室で嬉しいよ」
「ゆ、柚木様…vv」


★仲居さんが衝立を用意してくれたので結局同じ部屋で寝食を共にすることになりました。晩ご飯はなんだった?

緊張のあまり、何を食べたか思い出せない(爆)
でもきっと、和食あたりに違いない。


★食後のお楽しみはやっぱり温泉!あなたが部屋に戻ると『柚木』が浴衣を着てくつろいでいました。どうします?

「!!(柚木様の浴衣姿に赤面)」
「どうか…した?」
「いえいえ、何も!!」
「ふぅん…」と意味ありげな柚木様。

「でも、なんだか顔が赤いみたいだけど?」
「温泉でのぼせちゃったんですかね~あははー」笑ってごまかす!
「もしかしたら熱があるのかも」と、柚木様が額をくっつけてきて…v

きゃーっ(≧∇≦)そんな事されたら、熱なくても逆に出そう(笑)

★夜も深くなりました。あまり眠くないので衝立越しにあなたは 『柚木』と話していましたが、『柚木』は寝てしまった様子。どうしますか?

よしっこれは柚木様の寝顔を見るチャンス☆とばかりに、布団から抜け出す。
そして柚木様の布団のところへ。

「あれ…?柚木様…?」
布団はもぬけのからで、柚木様の姿が見当たらない。

そうすると背後には腕を組んだ柚木様が
「全く、こんな夜中に良い度胸だね…」黒い微笑み付き☆
「そそそんなつもりはっ…」
「そんなことあるだろう?」とそのまま押し倒され


★朝になって起きるあなた。するとなんと『柚木』と同じ布団で寝ていました!一体なんで?

一体なんでって、そんなねぇ…(照)
察 し て く だ さ い!


★目が覚めてあなたに謝る『柚木』。お詫びに何か奢ってくれるらしいです。何がいい?

「何もいらないから、かわりに柚木様のフルートが聴きたいです!」
「フルートでいいの?」
「はいっ!!」
「じゃあ、君のために吹くよ…」

幸せすぎるっ(´ー`*)。・:*:・

★『柚木』と別れ地元に帰ってきたあなた。一連のことをあなたが話したと思われる方(複数可)に名前を指定して回してください。
別れるなんて嫌だぁぁぁ(≧ヘ≦ ))(( ≧ヘ≦)

あ、やってみたい方は、ぜひどうぞー♪


なんというか本当にすみませんでした。
すごい妄想で(;´Д`A ```しかも偽柚木様が満載…。
でもすっごい楽しかったです。かれんさん!
21:18  |  バトン  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

いただいたTBにはお返しするようにしているのですが、
一部反映されないブログ(楽天ブログとアメブロが特に反映されないようです)があります。
その時は、申し訳ありません。

→http://norarikuraridiary.blog65.fc2.com/tb.php/294-f694aa76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

★☆妄想お泊りバトン☆

大大大好き乙女シスターの上田カズ神子からご指名を受けました!ぶっちゃけここだけの話18禁でもOKだそうです!乙女マスターからお許しが出ちゃった!えーじゃあお姉さまはりきっちゃおっかなーw 笑そして私の妄想に付き合ってくれるのは武蔵坊弁慶やったああああ...
2006/12/02(土) 21:26:48 |  はちみつ水。

▲PageTop

 | HOME |