2006.06.21 (Wed)

悪魔と詐欺師〈薬屋探偵妖綺談〉

悪魔と詐欺師〈薬屋探偵妖綺談〉 悪魔と詐欺師〈薬屋探偵妖綺談〉
高里 椎奈 (2006/06/15)
講談社
この商品の詳細を見る


表紙に座木がいないっ…(ノω・、)
『黄色い目をした猫の幸せ』の時も座木は原型だったし、人間版座木がみたいな~。
でも総和さんやキング、零一がいましたし、やはり唯月さんのイラストは素敵ですっv

【More・・・】

今回は座木リベザルが活躍していたと思うのですが!!
座木好きには嬉しいことです。料理が上手いところとか、天然でカッコイイのがたまらなく(///∇//)
リベザルも謎解きしてたー!!
人見知りなとことか本当に可愛いよ。弟に欲しい…。

その代わりにの活躍が少なかったかな~。
でも別に重要な行動してたり、ほとんどお見通しなとこがやっぱりスゴイです。
秋のあの天邪鬼な性格も良いですよねv

事件のつながりはそういうことだったのかーと納得。
彼が最後、ああなるとは…考えてなかったと共に切ないです。

解説で「リベザル」を「リザベル」と間違えていたとありましたが、
私も一作目を読んだ時に「リザベル」と思ってました。
何かの拍子に途中で気づいたのですが。あ、私だけじゃなかった…と思いました(笑)

講談社ノベルスからはシリーズ十三巻まで出ているのですね~。
とっても読みたいところなのですが、唯月さん表紙の文庫版で集めたいので、次の文庫化も気長に待とうと思います。
22:38  |  本&雑誌  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

いただいたTBにはお返しするようにしているのですが、
一部反映されないブログ(楽天ブログとアメブロが特に反映されないようです)があります。
その時は、申し訳ありません。

→http://norarikuraridiary.blog65.fc2.com/tb.php/82-16861ed3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |